Just another assisess site

入院生活で女性としての教訓を得ました

わたしは普段風邪もほとんどひかない健康体なんですが、前に1度だけ足を骨折してしまって、3週間くらい入院した経験があるんです。

その時は体の自由がきかないのでストレスがたまってしまいました。

病院の食事もカロリーを控えられているせいか、栄養面だけはバッチリでも食べた気がしないような味気ないものだったせいもあるかもしれません。

そしてやっと退院して自宅療養になった時に、久しぶりに自分の足を見たら筋肉が落ちてしまっていたのもショックでしたが、すねのムダ毛が思ったより目立って見えたことにがっかりしたんです。

日ごろムダ毛のお手入れはひんぱんにしている方だったので、3週間近く放っておいたのはかなり久しぶりでしたからね。

「わたしのすね毛ってこんなに太かったっけ?」って思うくらい衝撃的でした。

でもこんな時でも、普段サロンで脱毛していたらこんな状態にならないんだろうなって、ふと思ったんですよね。

初めての骨折で教訓を得たようになってしまいましたが、自然災害で避難生活になったり、事故など万が一の状況になることも考えたら、女性は脱毛に通っておくべきなのかもしれないですね。

入院した病院は倉敷市内だったんですが、思えば街なかでもサロンの広告を見かけたんですよ。

自宅からも近いので倉敷で脱毛するなら通いやすいですしね。

思い立った時が始め時だと思って、わたしはその後すぐに通いやすいサロンを探してお手入れを始めましたが、幸いその後は平穏な毎日を過ごせています。

これも脱毛のおかげなんでしょうかね。

最新記事